入れ歯・ブリッジ

入れ歯とブリッジはどうちがうの?

ブリッジ

ブリッジ

欠損箇所の両側の歯を削って土台をつくり、橋渡しするようにして人工歯を装着する方法です。 基本的に保険内で処置できるので、比較的安価に治療できます。また咀嚼能率も天然派の約60%であり、見た目の違和感もさほどありません。 反面、「両サイドの健康な歯を削らなくてはならない」「保険内の処置では変色しない材料が使えない」「ブリッジした歯の下部に食べかすが溜まりやすい」といったデメリットがあります。

義歯(入れ歯)

義歯(入れ歯)

義歯とは、いわゆる「入れ歯」のことです。欠損歯に対する補綴治療として用いるメリットには、「糖尿病などの全身疾患があっても適応」「噛み合わせが不安定な場合でも治療可能」「比較的安価(保険内)である」などがあります。 その反面で、「治療にやや時間がかかる」「慣れるまでに違和感がある」「外れたりずれたりすることがある」といったデメリットもあります。 ただし、義歯にも保険内で適用のものと自費診療があり、自費であれば機能性、審美性、耐久性などで優れたものが多くあります。

義歯(入れ歯)の種類

金属床の義歯

金属床の義歯

義歯の一部を生体親和性の高い金属(チタン、コバルトクロムその他)でつくり、薄く丈夫に仕上げたもの。 金属アレルギーがある場合は用いることができない。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

弾力性がある義歯で、金属のバネを使わずに固定する。 見た目がよく装着時の違和感も少ない。

ブリッジと入れ歯の費用について

保険義歯

保険適応

金属床義歯

330,000円~352,000円

ノンクラスプデンチャー

88,000円~198,000円

チタン床

605,000円

※すべて税込み金額です。
※自費診療のお支払いにはクレジットカードをご利用いただけます。
ご予約・お問い合わせ 03-3441-6377

PAGE TOP